トリノ五輪でデータ放送のありがたみを初めて感じる

デジタルのリモコンのdボタンで表示されるデータ画面はいつも天気予報ばっかりで意味ないと思っていたのだけど、オリンピックだと流石に違いました。競技の放送予定は当然ながら、競技の開始時刻や選手のスタート順、競技途中での順位まで常に更新されていて、日本選手の出番のタイミングを計るのにとても便利でした。テレビを途中でつけてもすぐに流れが分かるのもいいです。
話変わってデジタル放送といえば、1秒くらいアナログ放送に比べて遅く表示されるので、生中継中に離れた場所と中継で話をしているとき(分かりにくい?)は会話がどうなっているか少し不思議です。昔の国際電話みたいにワンテンポの遅れを感じながら話しているのか?自身が見ている映像も遅れて表示されているのか?それとも放送用機器だと遅延なく表示されるのか?などなど変なところが気になるのですが、とりあえず問題は解決されているのでしょう。単に今はアナログ放送の画面をお互い見ていれば済むことでもありますし…。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • カブハンターのヘラクレス銘柄の変更方法
    KK
  • 老眼マウスをバージョンアップ(V1.31)
    JJ
  • 老眼マウスをバージョンアップ(V1.31)
    JJ
  • 老眼マウスをバージョンアップ(V1.31)
    kawa
  • 老眼マウスをバージョンアップ(V1.31)
    yukiyama(管理人)
  • 老眼マウスをV1.30にバージョンアップしました。
    yukiyama(管理人)
  • 老眼マウスをV1.30にバージョンアップしました。
    byゆい
  • Willcomはネーミングのセンスが無さ過ぎ
    03 ユーザー
  • 老眼マウスをバージョンアップ(V1.31)
    nao
  • Willcomはネーミングのセンスが無さ過ぎ
    幻灯機

recent trackback

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM