リアルタイム株価チャート表示ツール カブハンターを公開したわけ

現在あるリアルタイム株価チャートに満足できなかったので、自分好みの株価チャート表示ソフトを作ってみました。作れたのは楽天証券のリアルタイムスプレッドシート(RSS)のおかでです。

リアルタイムの株価の歩み値と分足・気配値の動きを30銘柄リアルタイム表示するだけではなく急騰・急落の%を円グラフと音で知らせる機能もついています。
他にも、値が付かない時間帯は、気配を日中足チャートに表示したり、特別気配時の売買割合を7:3の用に比率表示したりと色々他に無い機能が付いています。
カブハンター
使用感や要望をお聞かせください。
● yukiyama.net内のカブハンター紹介ページ

リアルタイム株価チャート表示ツール 【カブハンター】を公開しました

株価の歩み値や分足の動き、気配値を30銘柄同時にリアルタイムでチャート表示するだけでなく、現在の株価位置を市場全体の大きな視点から相対的にチャート表示できるツールです。急騰・急落を音で知らせる機能もついています。
特徴
* プログラムサイズはわずか370KBと軽量で高速です。
* 一覧で多くの情報をグラフィカルに表示します。
* 間近6分間の騰落率を円グラフで表示します。1.1%を超える変化があったら音を出して知らせます。
* 値が付いていない時間帯は気配値を日中足チャートに表示します。
* 特別気配時には、売り買い比率を6:4等の比率で表示します。
* 日中足に加え、間近15分間の1分足ろうそくチャートで常に細かな動きがチェックできます。
* 横バーグラフは全ての銘柄を%で統一して表示するので他の銘柄との比較や始値・高値・安値の変動幅が一目で分かります。

リアルタイムデータの取得には、楽天証券のリアルタイムスプレッドシート(RSS)機能を利用しています。楽天証券の口座がないとオンライン利用ができませんが、カブハンター単体でのデモ体験はどなたでもできます。
● yukiyama.netからカブハンターの説明ページ

アメリカの携帯事情

アメリカの携帯料金ってどうかなと思って最大手のVerizon WirelessCingular Wirelessを見てみました。基本プランは両者とも似ていて、

・月額基本料5000円($39.99)で無料通話400分(2年契約)
・同じ携帯会社なら何時でも話し放題[ Unlimited Mobile to Mobile ]
・夜間(夜9時〜朝6時)と週末は、固定・携帯会社問わず話し放題(国際通話を除く)[ Unlimited Nights and Weekends ]又は無料通話5000分(=83時間)
・メールは送受信ともに12円/通
・プリペイド式は月額6000円($49)で上記とほぼ同じプラン内容

といったところ。
日本に比べると大胆というか、無料通話分がずいぶん多くて思う存分使ってくださいというプランが基本ですね。帯域が足りなくなるとかの考えはアメリカには無いようです。インフラが良いのかな?通話だけなら負荷は少ないのかな?これだけ通話が安いとメールはあまり使われないようで割高です。

ソフトバンクのホワイトプランと比較すると、話し放題の時間帯が全く逆になるのは興味深いところ。ソフトバンクの今度のサプライズとしては、YahooBBフォンに対しての通話定額のような気がします。もちろんプラス980円のオプションで。

スカイプが固定電話への通話定額プランSkype Pro(月額350円くらいで約7円/1通話)を数週間以内に発表するらしいので、これとPDAを組み合わせると強引ながらアメリカ並にすることもできそうです。
例えばウィルコムのW-ZERO3からスカイプアウトで電話をかける感じ。スカイプの常時起動は電池が持たないのでスカイプインでの着信は現実的ではなかったり、音が宇宙との通信みたいに変になったり、発信番号の通知が出来なかったり色々問題はありますが、同じ携帯間での話し放題と対固定電話への定額が実現できそうです。

基本料980円の対抗プランは?

どこかの携帯会社がホワイトプランの対抗プランを出すかと思いましたが全く反応なしでした。密かに期待していたのに残念です。まあ社長が独断で料金プランを決めてしまうようなソフトバンクモバイルは普通じゃないので、普通の会社が料金を改定するとしたら数ヶ月はかかるということでしょう。

ドコモの経常利益9000億円を加入者数5000万人で割ると、一人当たり年間18000円の利益。12で割って毎月1500円が丸儲けということでしょうか。auで同じ計算をすると毎月900円です。とても大雑把な計算ですが、いざとなればこれくらいの値下げはできそうです。
でも長い目で見ると、値下げせずに基地局を増設したほうがインフラの整備が早く進んでいいなと思います。携帯・PHS関連@Wiki 携帯基地局数 を見てみると、

携帯基地局数 平成18年12月
(ドコモ PDC 800MHz 20000局←旧規格)
(ソフトバンク PDC 1.5GHz 14000局←旧規格)
au CDMA1X 800MHz 16000局 +40/月
ドコモ W-CDMA 2GHz 35000局 +300/月
ソフトバンク W-CDMA 2GHz 25000局 +200/月
ウィルコム PHS 1.9GHz 160000局 (小出力)

auが800MHzの利点でわずか16000局で2700万人に充分なサービスを提供できているのは先見の明があったということです。
ドコモW-CDMA2GHzでは35000局もあるのにエリアに穴があるといわれています。2GHzだと電波の浸透が悪過ぎて非効率だということ。でも2009年以降PDC800MHzが止まれば、一気にW-CDMA800MHzが40000局になると思うので大逆転かな。
ソフトバンクW-CDMA2GHzの25000局はドコモの1/3の加入者数1500万人に対しては(エリア以外では)余裕なのでしょう。話し放題で沢山使われてもパンクしないというもくろみがあるはず。
ウィルコムは小出力だけど160000局もあるので一日中話し放題でもパンクなしです。今回ウィルコムが980円の対抗プランを出すかと思ったのですが…。

ソフトバンクの携帯参入で変わるもの

ソフトバンクが携帯業界に参入して、面白くなってきました。
ソフトバンクが借金してでも業界に参入したのは、携帯会社が儲かっているからでしょう。

ドコモの経常利益は9000億円、KDDI(au)は2900億円くらいを毎年コンスタントに稼ぎ出しています。ソフトバンクは今まで赤字だったけど、ボーダフォンを買収してから270億円の黒字になりました。(ちなみにドコモより稼いでいる会社はトヨタ、NTT、 三菱UFJ、 三井住友の4社だけ。)

現在の加入者数は、ドコモが5200万人、auが2700万人、ソフトバンクは1500万人、ウィルコムは430万人です。マーケットシェアだと、ドコモが5割、auが3割、ソフトバンクが1.5割、ウィルコムが0.5割です。

ソフトバンクはシェアをとるために色々やっていますが、方向性は合理的だと思います。
基本料2880円や980円でのソフトバンク間の通話定額のプランは同じ会社同士ならお金はかからないのでタダでもいいものです。(他の会社にかけたら相手に接続料を払うのでタダにはできない。電波帯域がパンクする可能性は有り。)
携帯端末をローン契約で売るやり方も、即解約されると会社が損をする危険性をうまく避けています。(今までの習慣では携帯端末代は携帯会社が負担していた。)

980円のプランは安いですね。ソフトバンクにつられて他の会社が料金を下げてくれるのが一番嬉しいんだけど…。

老眼マウスのTIP レンズが下にもぐってしまったら

老眼マウスのレンズが何故か他のウインドウの下にもぐってしまうことが、あるかもしれません。そんなときは、タスクトレイにある老眼マウスのアイコンをダブルクリックしてみてください。(設定画面が一瞬出ますが、2回目のクリックで閉じます。)
これで一番上に老眼マウスのレンズが表示されるはずです。一時的ですが、タスクバーも拡大されます。
タスクバーなど常時トップに来たがるアプリが上にきたら老眼マウスはおとなしくその下になります。

Firefox2.0にしたらサイドバーが狭くならない?

Firefoxを1.5から2.0へバージョンアップしたら、サイドバーの幅が小さくならなくなってしまいました。自分だけかもしれませんが、ドラッグが途中で制限されてある程度以下に小さくできないのです。私はブックマークをサイドバーに常時表示しているので、サイドバーが大きいままだと邪魔なのです。困ったので調べたらもじら組 Wikiに解決策がありました。

userChrome.css に以下の内容を追加してください。

#sidebar {
min-width: 0px !important;
}

とのこと。
これだけじゃちょっと不親切なので、もう少し具体的に書くと。

userChrome.cssというファイルはXpの場合は
C:¥Documents and Settings¥ユーザー名¥Application Data¥Mozilla¥Firefox¥Profiles¥default.色々¥chrome¥userChrome.css
という場所にあるので、それをテキストエディタで開きます。
(Windows98の場合はC:¥WINDOWS¥Application Data¥Mozilla¥Firefox¥Profiles¥default.色々¥chrome¥userChrome.css)

そして最初の行に
#sidebar {
min-width: 0px !important;
}
と3行追加で書いて保存します。
そのあとFirefoxを起動すれば、サイドバーの幅を思いっきり狭くすることが出来ます。

決勝戦の投手はレベルが違う

駒大苫小牧と早稲田実業の決勝戦。お互いのピッチャーの出来が良くて緊迫した戦いでした。両チームとも点が取れないというか、高校生レベルの打者に対してピッチャーだけが何だか一段飛びぬけてプロっぽいというか大人な感じです。
特に早実の斎藤投手は、普通の打者に対しては軽く投げて打たせて取るというピッチングで上手に手を抜いていました。でもピンチのときや4番打者に対してだけは一転して140キロを超える速球で追い込んでフォークで三振をとるというパターンを見事に決めていました。打者とレベルが違い過ぎるのかもしれませんが、ピンチの時だけフォークを投げ、それがほぼ100%決まって三振になる姿にしびれました。
延長15回を投げ合って結局1-1の引き分けでしたが良い試合でした。すぐ明日が再試合というのはピッチャーにとっては酷ですが、両投手が怪我無く明日の試合を終えることを願います。

ワールドカップが終わって

イタリアが優勝しましたが、序盤のフランスの1点はシミュレーションっぽかったのでこれで丸く収まってよかった気がします。

自分がさらっと見た中で一番面白かった試合は、ガーナ対ブラジルです。ガーナ選手の躍動感のある動きが素晴らしかった。アジア人や白人にない動きだから無いものねだりなのかもしれませんが、ガーナ選手のジャンプや切り返しのシーンは目に焼きつきました。

日本はあっさり負けましたが、玉田選手のゴールがあったおかげで何となくスッキリと終われた気がします。あまり活躍できなかった柳沢選手ですが、得点王になったクローゼ選手を見ていたら動きが良く似ていると思いました。大化けする下地は大有りですね。

ワールドカップのカメラ

ワールドカップ中継はずいぶん引きのカメラで映されています。全体が見渡せるので大きなサイドチェンジや速いパスも画面内にはっきりと映りサッカーの醍醐味が良く分かる気がします。

でも選手一人一人は小さくしか映らないので物足りない人は大画面テレビを買いたくなるかも。これは家電メーカーの要請かもしれません。

ほかに引きで映している理由を考えてみると、たまにアップになっている選手の背景がブロックノイズ状になっているのがヒントになるかもしれません。走っている選手をアップで追いかけると背景が大きく流れます。その背景の速い動きを現状ではきれいにデジタル化できないという制限があるのでしょう。なんとかそれを隠すために引きで撮ってカメラを大きく動かさなくて済むようにしている気がします。ワールドカップだから最新の機材が使われているはずなのに何だかがっかりです。まあ素人にでも分かる大きな欠点だから時間の問題で解決されると思うのだけど…。


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • カブハンターのヘラクレス銘柄の変更方法
    KK
  • 老眼マウスをバージョンアップ(V1.31)
    JJ
  • 老眼マウスをバージョンアップ(V1.31)
    JJ
  • 老眼マウスをバージョンアップ(V1.31)
    kawa
  • 老眼マウスをバージョンアップ(V1.31)
    yukiyama(管理人)
  • 老眼マウスをV1.30にバージョンアップしました。
    yukiyama(管理人)
  • 老眼マウスをV1.30にバージョンアップしました。
    byゆい
  • Willcomはネーミングのセンスが無さ過ぎ
    03 ユーザー
  • 老眼マウスをバージョンアップ(V1.31)
    nao
  • Willcomはネーミングのセンスが無さ過ぎ
    幻灯機

recent trackback

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM