ワールドカップ 日本×オーストラリア

1対3で負けちゃいましたね。80分まで1対0で勝っていたのに…。追加点を入れてはっきりとカタをつけてあげないと相手が盛り返してしまうということかな。
足りなかったのは日本の強いシュート。オーストラリアみたいに遠くからでもいいから低くて強いシュートを打って欲しいと何度思ったことか。
日本の枠内シュートはわずか2本です。それも1本は柳沢選手の弱いシュートだし。オーストラリアのキーパーにしたら何てゆるい相手だろうと思ったに違いありません。彼はこの試合で何回まともにボールに触ったのだろう。クリアボールか、ふわっとしたボールをキャッチしただけかも。彼だって強いシュートを受けるような闘志あふれるプレーがしたかったんじゃないのかな。

自他共に認めるシュートをしないFWの柳沢選手と点取り屋の高原選手の連携はもっとはっきりさせたほうがいいと思う。シュートに慣れていない柳沢選手はパス専門にまわることにして、ゴール前で柳沢選手がボールを持ったら高原選手にパス。自分でシュートしてはダメ。高原選手がボールを持ったらそのままシュート、柳沢選手にパスしてはダメ、という風に。

ワールドカップ

サッカー日本代表勝てますかね?
日本中の人が団結する珍しい時期なので、私も勝って決勝トーナメントに進んで欲しいと思います。日本が負けて欲しいという日本人はかなり少ないでしょう。どうでもいいという人もいるかも知れませんが、日本が勝つことによるご利益は多大です。活躍した個々の選手の年俸が上がるのはもちろんのこと日本サッカーの格も発言力もアップします。決勝トーナメントまで日本戦が続けばテレビの視聴率や新聞の売り上げは伸び、大型テレビや関連グッズの売り上げも増え続けるでしょう。

そのためにはまず初戦のオーストラリアに勝たないと話になりません。F組のオッズではオーストラリアと日本が並んで最下位なのでここで負けたら多分最下位決定です。勝てる見込みとしては日本選手の年俸は多分オーストラリアとクロアチアの選手より高いと思うのでその分の働きを期待するしかありません。オーストラリアに勝って、クロアチアに引き分けて、ブラジルに引き分けか負けというのが最善のパターンでしょうか。最悪のパターンだとオーストラリアに負けてあとは勝ちなしで敗退。こうなったらマスコミはロナウジーニョとか誰かイルハンみたいな人をプッシュして興味を失わせないようにがんばるでしょう。

サッカーってチームプレイの塊だなってつくづく思ったのは、マルタ戦の小野選手と小笠原選手を見たからです。しばらく代表の試合に出ていなかった彼らは明らかにチームから浮いていました。試合の流れというかスピードについていけず独りよがりのプレーが続きました。良い選手でもったいないと思いますし、今後の本番でいきなり馴染めるのでしょうか?

サッカー素人の自分の好みで書くと、中田選手はボールをキープする時間が長すぎるところが好きではありません。チームのスピードを落としている感じがするし、それを速いパスでごまかしているようにも思えます。概して有名選手はボールのキープ時間が長いです。それが目立つ秘訣かもしれませんが、スピードのある攻めのときは気になります。時間稼ぎや守備のときには頼りがいがあるのですが。

柳沢選手の働きが全く分からない凡人ですが、彼のゴール手前でのバックパスが上手くいくことを願います。点を取れる可能性としては、多くの人の予想通り大黒選手と高原選手がやってくれると思います。中田選手の速いパスをシュート、キーパーが跳ね返したところを大黒選手が押し込んでゴール。中村選手のパスを高原選手がゴールとか。今までの勝ちパターンが再現されると良いですね。

NHKでやっていたロナウジーニョのフェイント時の中央重心は多分当たり前のことだと思います。片足重心だとボールを蹴る足も進む方向も制限されるのでフェイントにならないのでは?

早く来い来いBlu-ray HD-DVD

地デジで高画質のHD放送がタダで見れるのに、お金を出して見るDVDのほうが画質が悪い、というおかしな状態が長く続いています。
HD放送とDVD(SD放送)の画質差は明らかで、画素数で200万画素対35万画素の差、ビットレートで14〜24Mbps対8Mbpsという大きな差があります。HDに目が慣れてしまうと、悪い画質のものは見たくなくなるので、DVDをコレクションしたくても遠慮している人も多いでしょう。
でもそんな変な状態が競争社会の中でいつまでも続くわけはなく、Blu-rayのついたPS3の発売日11月11日から高画質プレイヤーの普及が一気に始まります。それに前後して既存の映画は高画質化されたBlu-ray/HD-DVD版として順次発売されるでしょう。高画質版なら買う人も増えるのではと思います。
既存DVDのHD化にあたっては映画は元々がフィルムだからHD化はすぐに進むと思いますが、昔のテレビドラマなどは元々がテレビ規格なのでHD化の恩恵は受けないでしょう。

そういえば、この前テレビでタイタニックで船首が90度近く持ち上がる(CGの)一番の見せ場?を見ていたのですが、すごく傾いているのに大勢の人は床に対して垂直に立ったままという不自然なシーンを見つけてしまって少し残念に思いました。

老眼マウスをバージョンアップ(V1.13)しました。

Version 1.13では
* 設定ウインドウが縦サイズ600を超えていたので縮めました。(以前はディスプレイの縦が600以内の場合には設定が全部見えませんでした。)
* 右ダブルクリックのチェックを外しても動作していたバグを修正しました。(以前は右長押しがONだと右ダブルも同時に効いていました。)
* タスクトレイの右クリックで休止/再開のメッセージを出すようにしました。
動き等は変わっていません。

老眼マウスを近日中にバージョンアップします

マイナーバージョンアップです。内容は、
・設定ウインドウを縦サイズ600以内に縮めます。
・右ダブルクリック設定のバグを修正します。
・タスクトレイ右クリックで休止/再開のメッセージを出します。
今回はこれだけの予定です。

百円ショップの白色LEDライトはすごいコストパフォーマンス

小型の白色LEDライトを色々集めていたのですが何だかバカらしくなってしまいました。それは百円ショップでPhotonに似たキーホルダー型のライトを見つけてしまったからです。そのライトは5円玉を4枚重ねたくらいの極小サイズで白色LEDが一本飛び出ている形です。中央部を押すだけで光りますがスライドスイッチが付いていて点灯したままにもできます。ビックリしたのはとっても明るいこと。LED1灯しかないのに3灯分くらいの明るさがあると思います。明るさの訳はCR2016リチウム電池2枚(3V×2=6V)をLEDに直結するというオーバードライブ仕様のせいですが、寿命より明るさをとったことは理にかなっていると思います。何万時間も使う人は普通いませんので。
とにかく白色LEDとCR2016リチウム電池2枚込みで100円という値段だけでもお買い得です。明るさが足りないと思ったら10個買って使えばいいし、電池が切れたら電池だけを買うより同じライトを買い直したほうが安いかもしれません。
更なる明るさを求めたい人への改造ベースとしてもおすすめです。なぜならLEDと本体はハンダ付けも何もされていないのでLED交換が簡単にできます。5mm径のストッパー付き無しLEDならそのまま差し替えで交換できると思います。
私がそのLEDキーライトを見つけた百円ショップは100円ショップとしか書いていなかったような気がしますがレシートを見たらシルクと書いてありました。ちなみにスケルトンのタイプがおすすめの白色LEDタイプです。赤色や青色タイプはおすすめできません。

シュルトに不利なK-1のルール改正

昨年末のK-1グランプリ、3人を膝蹴りでバタバタとなぎ倒し、圧倒的な強さでチャンピオンになったセーム・シュルト選手。8年前のパンクラス時代から規格外の強さで注目していたので、やっとK-1というメジャーな舞台で大きな活躍ができることをうれしく思っていました。
ところが今日のK-1ニュージーランドを見ていたら、今年からK-1のルールが「試合中のつかみを反則とする」ものに変わっていました。これは露骨にシュルト選手の得意なつかんだ状態での膝蹴りを封じるものです。あきれちゃいます。こんなあからさまに一選手に不利になるルールを突然作るなんて、全くK-1主催者の見識を疑います。とにかく浅知恵というか相当イヤらしいことをやってくれます。
シュルト選手の試合は、主催者の想定どおりというか、得意な膝蹴りをほとんど出すことができないうえに、逆につかみの反則を極端にとられ、ノーダメージなのに判定で負けてしまいました。何だかあからさまな意図を感じさせる判定でした。でもシュルト選手にはめげたり呆れたりしないで欲しいです。K-1より稼げる舞台は他にないので、この逆風の中でも主催者を唸らせるほどの強さを見せて欲しいと思います。

スカイプインを使ってみる

無料ネット電話のスカイプが電話番号で着信できるスカイプインを日本でも始めたとのこと。年4000円で固定電話の番号050-xxxx-xxxxがもらえるのは何だかお得な感じがしたし、電話番号のパターン検索をしていたら面白い番号が見つかったので思わず購入してしまいました。
早速固定電話からかけてみると「インターネット経由でおつなぎします」という余計な音声が流れてから呼び出し音が鳴り始めます。会話の音質は残念ながら携帯電話くらい悪いです。スカイプ同士で実現されている高音質とはいきません。対固定電話ではもう少しましになってくれるといいのだけれど…。
スカイプで電話を受ける際には普通に相手の電話番号が表示されるので安心です。おまけにスカイプインにはボイスメール(留守録)もついてくるので、スカイプを起動していない時でも留守録でメッセージを受け取れるようになりました。それにボイスメールを契約していない相手にもボイスメールを送れるようになっています。何故だかボイスメールの応答メッセージが英語だったのは自前のメッセージを録音することで対処しました。
ちょっと残念なところは、ボイスメールという名前から不在時の着信番号やスカイプ名をメールで通知してくれるサービスもあるという勘違いをしていた点。ボイスメールは録音だけをしてくれる単なる留守電です。通知は有料のスカイプアウトを使えということでしょうか。もう一つ、別のスカイプ名の転送先をボイスメール契約のスカイプ名にして、まとめて留守録できるかと試したらダメでした。無情にも「オフラインです」と出てしまいます。

スパム対策にGmail

スパムメール対策のためGoogleのGmailに転送設定して別のアドレスに転送することにしたらスパムが9割以上カットされるようになりました。Gmailはフィルタ機能でFrom:やTo:から転送先を個別指定できるのも便利です。Googleにメールの中身を読まれるのでプライバシーを渡している気もしますが公開していたアドレスですしスパムを削除する手間よりましです。これでPOPFileの振り分け負荷も減りました。
ブログのトラックバックスパムやコメントスパム対策としては、トラックバックスパムは地味ですがURLでの拒否設定をまめにしてます。コメントスパム対策としてはテンプレートのメールアドレスとURL入力項目をカットして名前とコメントだけにしたらスパムが今のところ来なくなりました。URLが書き込めないので宣伝の効果が無いと判断されたのでしょうか。

トリノ五輪でデータ放送のありがたみを初めて感じる

デジタルのリモコンのdボタンで表示されるデータ画面はいつも天気予報ばっかりで意味ないと思っていたのだけど、オリンピックだと流石に違いました。競技の放送予定は当然ながら、競技の開始時刻や選手のスタート順、競技途中での順位まで常に更新されていて、日本選手の出番のタイミングを計るのにとても便利でした。テレビを途中でつけてもすぐに流れが分かるのもいいです。
話変わってデジタル放送といえば、1秒くらいアナログ放送に比べて遅く表示されるので、生中継中に離れた場所と中継で話をしているとき(分かりにくい?)は会話がどうなっているか少し不思議です。昔の国際電話みたいにワンテンポの遅れを感じながら話しているのか?自身が見ている映像も遅れて表示されているのか?それとも放送用機器だと遅延なく表示されるのか?などなど変なところが気になるのですが、とりあえず問題は解決されているのでしょう。単に今はアナログ放送の画面をお互い見ていれば済むことでもありますし…。


calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • カブハンターのヘラクレス銘柄の変更方法
    KK
  • 老眼マウスをバージョンアップ(V1.31)
    JJ
  • 老眼マウスをバージョンアップ(V1.31)
    JJ
  • 老眼マウスをバージョンアップ(V1.31)
    kawa
  • 老眼マウスをバージョンアップ(V1.31)
    yukiyama(管理人)
  • 老眼マウスをV1.30にバージョンアップしました。
    yukiyama(管理人)
  • 老眼マウスをV1.30にバージョンアップしました。
    byゆい
  • Willcomはネーミングのセンスが無さ過ぎ
    03 ユーザー
  • 老眼マウスをバージョンアップ(V1.31)
    nao
  • Willcomはネーミングのセンスが無さ過ぎ
    幻灯機

recent trackback

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM